家庭教師をお探しの方☆おすすめ6社

HOME > 家庭教師について > 家庭教師を選ぶ場合の経験と実績と相性

家庭教師を選ぶ場合の経験と実績と相性

 家庭教師を選ぶ場合に重要なのが、良い教育をしてくれる人かどうかです。
選び方としては、有名大学や有名な業者などから選ぶという場合があります。
その場合には、現役の体験や勝ち抜いてきたノウハウなどを学べたり、今までの実績などで、業者を判断して、良い教育ができる可能性で選んだりできるというメリットがあります。
しかし、その本人が成功をした方法が、自分たちの子供にあっている方法かどうかや、有名な業者の成功体験のシステムがあっているかどうかなどは、また違ってきます。
案外その子どもだけに相性が良くて、成績が上がるという場合も考えられます。
縁ということもあり、また地域性で、選ぶ場合の制限がある場合もあります。
住んでいる地域などで、依頼できる範囲内での人材から探すしかない場合もあるからです。


 そして、マンツーマンで教育を受けるメリットも考える必要があります。
学校や塾などでは講師や先生が多人数を対象にして学ばせていきますが、家庭教師の場合にはマンツーマンで学ぶことができます。
これは非常に大きなメリットですが、そのメリットを生かすことができるような学び方があるということも、事前によく子供と相談をしておく必要があります。
マンツーマンでしか学ぶことができない内容や状況を理解して、それを最大限に活かしていくことがポイントになります。
そのためにも子供と教師の相性は重要です。
聞きやすく、話しやすく、丁寧に教えてくれるとか、恥ずかしい初歩的な内容でも普通に教えてくれるというような子供の羞恥心や心理をよく理解している教育者ということでの素質のある人を選ぶ必要がある場合もあります。


 逆に厳しい方がやる気が出る子供もいますし、励まされることで力を伸ばす子供もいます。
また基礎ができていないので力が出し切れなかったのが、それらの基礎を十分理解したとたんに、成績が向上するという場合もあります。
勉強が面白くなるからですが、それも家庭教師の腕次第です。
経験や社会での体験などが役立つのでしょうが、いちばん良い選び方が、子供のやる気や欠けている内容をうまく補える教師です。
その点を例えば体験授業などや、その後のどう教育を進めていくかなどの話し合いで、納得がいくかどうかを見定める必要があります。
要は子供の成績が上がる結果を出してくれる人を選びたいわけですから、それらの教育方法や持っていき方の内容なども、親はとくに吟味して、子供にあっている教師かどうかを判断する必要があります。

ページトップへ