家庭教師をお探しの方☆おすすめ6社

HOME > 家庭教師について > 家庭教師を利用するときにどんな先生がいいのか

家庭教師を利用するときにどんな先生がいいのか

 家庭教師といえば、かつては個人間の契約が多かったかもしれません。
近所にいる大学生にお願いしたり、大学などに仲介してもらって適当な人を教えてもらって契約などをしていました。
最近は個人間の契約は少なく、業者を利用するタイプが一般的になっています。
派遣タイプの業者があり、そちらと契約をすると自分に合った人を派遣してくれます。
合わなければ交代などもしてくれるので、一応はぴったりの教師の利用が可能です。
この時にチェックしておきたい点としては、指導経験がどれくらいあるかになるでしょう。
学生のアルバイトだとあまり指導経験がある人は少ないでしょう。
上級生になれば一定の経験があるかもしれません。
プロの場合は学生に比べると経験を持っている人が多くなります。
経験が豊富なほど料金が上がるときもあります。


 大学生に家庭教師をしてもらう理由として、大学生なので勉強を常にしている点と、つい最近まで受験勉強などをしていた点があります。
また、一定の大学に通っている人なら、その大学に合格した実力があることが分かります。
合格のためのノウハウを持っているのではないかと家庭教師として来てもらいたいと考える人もいます。
確かに実際に勉強している人や、最近まで受験勉強していた人、有名大学への合格実績がある人に教えてもらうのはそれなりにメリットはあります。
しかし、それらが指導のノウハウにつながるかとなると必ずしもそうではありません。
家庭教師を派遣する業者によっては、一定の指導方法の指導をしたうえで派遣してくれるところがあります。
アルバイトであっても、指導のノウハウを得たうえで派遣してもらえます。


 入学するのが難しいといわれる学校があります。
偏差値が高い学校や進学実績のある学校などは、学力の高い生徒が受験をします。
その中でより点数を多く取れた人が合格となり、それらの学校に進学ができます。
塾や予備校などを利用する人もいるでしょうが、本人の努力もそれなりに影響します。
家庭教師を選ぶのであれば、自分の志望校以上の学校に通っている人を選ぶのが良いかもしれません。
実際にその人がしてきた勉強方法などを教えてもらえるかもしれないからです。
必ずしもその人のやり方が正しいとは限りませんが、実績があるのでやってみる価値はあるでしょう。
利用する時には、出身大学から選べるときがあります。
国立大学を志望するのであれば国立大学の受験経験がある人がいいでしょう。
国立と私立では受験勉強の内容が大きく変わります。

次の記事へ

ページトップへ