家庭教師をお探しの方☆おすすめ6社

HOME > 家庭教師について > 家庭教師は競争心を生むことより確実な進歩の期待

家庭教師は競争心を生むことより確実な進歩の期待

 誰もが大学に入学出来る時代になり、無理をして塾に通わせる必要がないと考える親御さんもいるでしょう。
ですが、誰もが入れる大学に進学したいと考える子供さんは、どれだけいるのでしょう。
同じ大学に行くのであれば、出来るだけ偏差値の高い所へ行きたいとなるのが、多くの人の考えではないでしょうか。
また塾などに行く必要がないと考えている親御さんでも、隣の子供が塾に通い始めた、向いの子供も塾へ通うことになり、我が家の子供だけが取り残された状態になった時、子供の意思が塾に行きたいとなれば、通うわすことになるのではないでしょうか。
そこには、子供へ対する現代教育の難しさが、見えていることになります。
仲間はずれは、良くないこととされていることもあるでしょう。
しかし、塾に通うことで、成績が上がるとは限らないのも現実です。


 子供の中には、塾で実力を発揮出来る性格もあれば、塾に行くことで気持ちが落ち込んでしまう場合もあると知っておきましょう。
一般的には、気の弱いとされる子供は、塾に向いていないと考えられます。
活発な子供と比較されることを避け、塾の先生に溶け込むことが出来ないことが多くなるからです。
そんな子供たちには、塾通いよりも家庭教師を付けることの方が、効率が上がる結果になります。
まず、家庭教師の良さは、子供のペースで勉強を進めることが出来ます。
ここが、塾とは大違いで、万が一不得手なことに遭遇しても、時間をかけて学ぶことが出来、理解出来るまで留まることが可能です。
塾では、誰かがわからない場所があっても、確実に前を進む授業となり、わからない子供はそこで「おいてきぼり」にされてしまいます。
一度、わからない場所が出ると、その授業は面白く感じることが難しくなってしまうことも事実です。


 家庭教師に習うことは、そんな不誠実なことはありません。
その子供が、困っていることに対しては、その原因を突き止め、修正出来る指導を行うことが出来ます。
それは、一対一の授業だから出来ることになります。
この家庭教師との授業で一番の問題は、先生と生徒の相性です。
二人きりの授業ですから、相性が悪くては成績アップも難しいと考えられます。
そんな時、家庭教師を派遣する会社へ連絡を入れ、先生を代えてもらうことにします。
女の子には、大学に通う女性の先生が良い場合も出て来ます。
それは勉強だけでなく、年齢も近くいろいろな相談相手にもなってくれることが、可能となっているからです。
互いに秘密を持った仲間となると、息も通じ合うことになり、成績アップにも繋がることが、大きく期待出来ることになります。

次の記事へ

ページトップへ