家庭教師をお探しの方☆おすすめ6社

HOME > 家庭教師について > 家庭教師の性別や年齢や性格等がポイントになる

家庭教師の性別や年齢や性格等がポイントになる

 家庭教師を利用するとき、来てもらう先生の性別はどうかが気になるかもしれません。
生徒が男性なら男性の先生に来てもらう方がいいのか、女性なら女性の先生が来てもらった方がいいのかです。
一般の学校や塾のように一対多の関係だと、必ずしも性別は大きな影響を持ちません。
生徒も男子生徒のみ、女子生徒のみなどではないので、性別を意識する意味はあまりありません。
しかし、家庭教師だと一対一でコミュニケーションをとるので、それなりに考える必要があります。
生徒側が異性にあまり慣れていないとすると、異性の先生だと緊張してしまってなかなか勉強できない可能性があります。
逆に先生側がなれていないときもうまく教えられない可能性があります。
目的がはっきりしているときは、特に異性か同性かに関係なく依頼できるでしょう。


 家庭教師といえば、かつては大学生が多かったとされます。
年齢で言えば19歳から22歳ぐらいまでになります。
小中学生からすると少し上のお兄さんお姉さんで、高校生となるとかなり年齢が近くなります。
生徒が18歳で先生が19歳などもあるかもしれません。
ただ、最近の家庭教師のサービスにはプロの先生に来てもらえるものがあります。
大学生のアルバイトではなく、家庭教師を専門的に行っている人です。
年齢は様々で、大卒後間もない若い先生もいれば、それより少し上の人から、定年間近のかなりのベテラン先生等もいます。
以前なら、年齢が近いので話しやすいなどが家庭教師のメリットとされていましたが、親と同じくらいの年齢の家庭教師が来ることもあります。
年齢が離れていると、それなりに厳しい指導をしてもらうこともできるでしょう。


 家庭教師の利用で注意したいのが性格が合うかどうかです。
通常は生徒側の性格に先生側が合わせられるかどうかになります。
大学生のアルバイトだと、先生の仕事に慣れていない人もいて、生徒の合わせられない先生もいます。
契約の最初から合わないのが分かっていればいいですが、しばらくしてからわかると変更がしづらくなるときがあります。
一方、プロの先生は学校の先生と同じような対応をしてくれます。
学校には性格の異なる様々な生徒がいるので、それらの生徒にうまく合わせる努力やノウハウを持っています。
プロの先生であれば、おとなしい生徒の対応、落ち着きがない生徒の対応、まじめに取り組む生徒の対応などいろいろな生徒にすぐに対応してくれます。
一度先生が決まると途中で変更するなどがあまりありません。

次の記事へ

ページトップへ