家庭教師をお探しの方☆おすすめ6社

HOME > 家庭教師について > 家庭教師のメリットや先生の経歴の違い

家庭教師のメリットや先生の経歴の違い

 子供の学力に心配があるとき、塾や予備校などの利用があります。
学年などによってコースが決められていて、志望する学校に入学するための実力をつけられるところもあります。
基本的には必要な科目がコースごとに決められているので、個々の生徒が自由に受けたい授業などを決められるわけではありません。
英語は理系も文系も必要になります。
理系なら数学は必須になるでしょうし、文系なら社会などの科目選択をしなければいけません。
家庭教師のいいところとして、子供に必要な科目などを個別に指導してもらえる所でしょう。
英語が苦手な時には英語のみを指導してもらえますし、英語が得意なら英語以外の指導をしてもらえます。
組織的な環境ではないので、自由に教えてもらう強化を選択できます。
途中で追加や変更などをしてくれる人もいます。


 生徒の中には、放課後の生活が忙しい人もいます。
よくあるのは部活動で忙しい生徒です。
その他学校以外の活動に参加をしている人などもなかなか勉強する時間が取れない子がいます。
放課後忙しい子は塾や予備校が利用しにくい時があります。
塾や予備校は、カリキュラムがきちんと決まっています。
何曜日の何時からと決まっているので、それ以外の時間に勉強をしたくてもできません。
振替に対応してくれるところもありますが、受けなければ遅れたりするのであまり効率的には勉強できないかもしれません。
家庭教師は、生徒のスケジュールに合わせて利用しやすくなります。
一応何曜日の何時からと事前に決めるのでしょうが、多少ずらしてもらったりすることができます。
忙しい子供が効率的に学力を伸ばすのにいいサービスといえます。


 家庭教師として来てくれる先生のイメージとして、大学生を想像する人がいます。
確かに以前は学生のアルバイトとして行われるのが一般的でした。
学生と直接契約をして来てもらう仕組みでした。
今は家庭教師を派遣する会社と契約をして、希望の先生に来てもらう仕組みが多いです。
個別の先生との契約ではないので、先生のチェンジなどもしてもらえます。
さらに大学生以外の先生が来ることもあります。
プロの先生といわれていて、家庭教師を職業としている人が来てくれます。
経歴は様々で、元々教師等人を教える仕事をしていた人もいれば、家庭教師業のみを行っている人などもいます。
学生だと年齢が近くてコミュニケーションがとりやすくなります。
ただ、確実に志望校への合格に導いてくれるのはプロになるでしょう。

次の記事へ

ページトップへ